相続税の節税方法は3パターン|不動産を活用すると負担減

ここでは相続税の節税方法について解説しています

財産そのものを減らす

贈与を上手に活用して、生前に相続財産を減らしましょう。

配偶者へ自宅を生前贈与すると、税負担が軽くなる
居住用財産贈与の配偶者控除を活用すれば妻へ自宅を遺せる!

相続で自宅を失うことは避けたい 長年連れ添った妻に家だけは残したい こういう風に考えている方は多いでしょう。 今回は現在住んでいる自宅を失わないよう、居住用の不動産を贈与したときの配偶者控除という制度 ...

評価額を減らす

不動産を使った相続税対策として一般的なのが、この評価額を減らす方法です。

小規模宅地等の特例


家なき子特例が厳しくなった?
家なき子特例が改正で厳しく!安易な相続税対策には使えません

家なき子というと、安達祐実さんが主演したテレビドラマを思い浮かべる人も多いかもしれません。 しかし相続で家なき子といえば、小規模宅地等の特例のひとつ(家なき子特例)のことです。 相続税圧縮の切り札と言 ...

アパート経営


こんなアパート経営は失敗する
相続税対策のアパート経営で失敗しない!リスクを知っておこう

アパートを建てれば相続税対策にもなるし、家賃収入も入ってくるからWで嬉しい。 こんな甘いうたい文句が、不動産業界では横行しています。 ただアパート経営はタダではできませんから、相応のリスクがあるのも理 ...


相続したマンションを売ると貸すではどっちが得する?
相続したマンションを貸すか売るか?賃料一括査定でメリットやデメリットを確認しよう

親のマンションを相続したは良いけれど、住む予定がないからどうしよう…… こういうご相談を受けることがあります。 相続した時点で子ども達は皆持ち家があり、相続したマンションに住む必要がないケースは多いで ...

タワマン節税

タワーマンション節税とは?効果的だが国税庁の規制に注意せよ!

相続税に関する新聞記事を読んでいると、タワーマンション節税(タワマン節税)という用語を見かけることが多いですね。 これは東京湾岸地域などに多いタワーマンションを購入することで、相続税を節税するテクニッ ...

土地の評価額を減らす

いびつな形の土地や面積の広い土地は、不動産鑑定評価を利用すれば評価額を減らせる可能性があります。


不整形地な土地は路線価より安くなる
20%も下がる‼️不整形地の相続税評価額を事例つきで解説します

土地を相続することになったけど、税負担が心配…… こう嘆いているあなたは、その土地をキチンと評価してもらったことはあるでしょうか? 単純に路線価から求めた評価額は、実際の評価よりは高くなってしまうのが ...


旗竿地
旗竿地は相続税の評価が下がり節税効果アリ!でも売るときは要注意

都市部の住宅地域に住んでいる人なら、下の画像のような宅地を見たことがあるかもしれません。 間口が狭くて、通路の奥に住宅が建っている土地のことを一般的に旗竿地と呼んでいます(読み方:はたざおち)。 上か ...


相続する土地の評価額は路線価だけではない!評価減の事例まとめ

相続財産となる土地の評価として一般的なのは、相続税路線価に面積を乗じるものです。 計算式 路線価×土地の面積 = 財産評価額 この路線価で求める方法は誰でもできる、簡易的な方法です。 しかしその土地独 ...

非課税枠や税額控除を活用する

生命保険や配偶者控除など、税制上のメリットを有効に活用しましょう。

生命保険

生命保険金で代償分割の資金とするやり方
相続税対策として生命保険控除を活用するメリットは大きい|非課税枠を上手に利用して葬儀費用を捻出したり代償分割にも有用

相続対策として生命保険に入ると良いという話を聞いたことはありませんか? 相続した人が生命保険金を受け取ると、非課税枠が使えるので節税できるというメリットがあります。 今回は相続税対策として生命保険を利 ...

配偶者


配偶者居住権
【配偶者居住権】民法改正により相続後も自宅に住み続けられる

相続対策で一番大事なのは、今住んでいる自宅をどう守るか?という点にあります。 亡くなった後、愛する家族が今までどおり自宅に住み続けられるようにしたいですよね。 特に多いのが、残された配偶者が自宅を手放 ...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

© 2020 「相続対策あいうえお」不動産のプロが手続きから節税まで丁寧に解説 Powered by AFFINGER5